facebook instagram

WORLD SHAMISEN FESTIVAL 2022 ヒヤミカチおきなわ~三線で世界を元気に~

2022年10月30日~11月30日にかけて県内各地にて
三線をテーマとした様々なイベントがワールド三線フェスティバルとして開催されます。

世界のウチナーンチュ大会2022.10.31〜11.3

音楽イベント、国際交流イベント参加
会場:奥武山公園

(仮)三線の音楽会2022.11.5

準備中

スタンプラリー2022.10.20〜12.20予定

「三線巡礼でじたるラリー」
スマホを使ったスタンプラリー。三線ゆかりのある地を巡り、スタンプをゲットして応募しよう!!

クラウドファンディング2022.8.24〜予定

未来の三線の担い手を育てる事業他

三線が地域と人、人と人をつなぎ、
沖縄を盛り上げる「鍵」になる。

ワールド三線フェスティバルは、世界中から沖縄に注目が集まる「世界のウチナーンチュ大会」に合わせ「三線」を中心としたイベントを実施します。
「三線の聖地 沖縄」として積極的な情報発信と三線文化の抱える課題解決に向けた取組の創出を目指したもので初開催となります。
イベントでは三線を通じて沖縄県民や沖縄にルーツを持つ人々のアイデンティティを再確認する機会や文化を担う若手育成の機運醸成を目指します。

ビジョン

ワールド三線フェスティバルは2022年は、新型コロナウイルスの状況も鑑み、キックオフイベントと位置づけ5年間を準備期間としブリッジイベントで繋ぎつつ次回の世界のウチナーンチュ大会に合わせ本格開催を目指します。

そしてその後は5年に一度の「世界的な三線の祭典」として継続して実施。三線文化を通して「沖縄らしさ」「沖縄特有の精神性」を次世代に継承し世界に発信します。
次世代への文化継承、三線をキーワードにした新しい沖縄観光コンテンツの開発、それにともなう産業への貢献。
ワールド三線フェスティバルの目指すビジョンは「三線業界」が盛り上がる取組ではなく三線で「沖縄」を盛り上げる取組とすることです。

理念 : 三線で世界へ届ける「3つのチムグクル」
  • ユイの心

    調和・平和を
    大切にしてきた
    “ユイの心”

  • チャンプルーの心

    柔軟に自分たちの
    文化にしてきた
    “チャンプルーの心”

  • ヒヤミカチの心

    困難にも強かに
    乗り越えてきた
    “ヒヤミカチの心”

ワールド三線フェスティバル
実行委員会

沖縄を代表する「三線」の文化的価値の向上と
文化の担い手となる若年層の育成を目指します。

共同代表
沖縄県三線製作事業協同組合 理事長 渡慶次道政(事務局長)
琉球三線楽器保存・育成会 会 長 銘刈春政
琉球古典音楽野村流松村統絃会 会 長 玉寄英一
琉球古典音楽野村流音楽協会 会 長 宮城勝秀
琉球古典音楽野村流保存会 会 長 宮城幸盛
琉球古典音楽野村流伝統音楽協会 会 長 玉城利和
琉球古典音楽安冨祖流絃聲会 会 長 照喜名進
琉球民謡協会 会 長 宮良康正
琉球音楽協会 会 長 松田末吉
沖縄県民謡合同連合会 会 長 宮里好一
八重山古典民謡保存会 会 長 大浜修
那覇八重山古典民謡保存会 会 長 宮野敬介
宮古民謡協会 会 長 渡久地吉彦
宮古民謡保存協会 会 長 砂川次郎
園原謙 (沖縄県立博物館学芸員)
大工哲弘 (沖縄県無形文化財(八重山古典民謡)保持者)
谷口真吾 (琉球大学農学部教授)
知名定男 (音楽プロデューサー/琉球音楽協会名誉会長)
比嘉康春 (沖縄県立芸術大学名誉教授/琉球古典音楽野村流保存会師範)
平田大一 (演出家/くるちの杜筆頭賛同人)
宮沢和史 (シンガーソングライター/くるちの杜名誉会長)
照喜名朝一 (国指定重要無形文化財「琉球古典音楽」保持者【各個認定】)
城間徳太郎 (国指定重要無形文化財「組踊音楽歌三線」保持者【各個認定】)
西江喜春 (国指定重要無形文化財「組踊音楽歌三線」保持者【各個認定】)
中村一雄 (国指定重要無形文化財「琉球古典音楽」保持者【各個認定】)

サポーター

只今、準備中です。

world sanshin festival2022
クラウドファンディング支援者募集!!
8/24開始予定
主催 : 沖縄県三線文化振興協議会設立準備委員会
問い合わせ先:ワールド三線フェスティバル実行委員会事務局
(沖縄県三線製作事業協同組合 内)
TEL : 098-884-8288 (受付:月〜日 10時〜18時)
FAX : 098-884-8288 (受付:24時間)
Mail :
〒902-0067 沖縄県那覇市安里360-7和光マンション1階
Page
Top